良き時代のフレンチを
 
ブラッシュアップ

福岡市中央区高砂。西鉄天神大牟田線「薬院駅」、福岡市営地下鉄七隈線「渡辺通駅」から徒歩5分のところにある、フレンチレストラン「La Cuisine de KAWAMURA(ラ キュイジーヌ ド カワムラ)」のオーナーシェフである河村でございます。私の料理は1970年代に提唱された「ヌーベル キュイジーヌ」の影響を強く受けています。あの頃の、本質を捉えながらも斬新な料理に惹きつけられました。
素材の組み合わせ方、風味の付け方など、今なお私には新鮮に映ります。そんな古き良き時代のフレンチを現代に、またこの福岡の地にて私なりの解釈でブラッシュアップしてお客様に提供しております。
また、イタリア料理の経験もあることから、おまかせのコースの中にパスタ料理もご用意しております。当店ならではのオリジナリティ豊かなおまかせコースでございます。

調理風景

シンプルに食材をおいしく

お料理はすべておまかせいただいております。それはその季節やその日に一番輝いている食材を調理したいからです。その瞬間のおいしさを味わっていただきたい。それが私の想いです。
その食材の個性と味わいをいっそう引き立てる事に細心の配慮を施しております。なるべく余計な工程を省いて「おいしさへの最短距離」を大事しております。

食材に寄り添う

素材は非常に重要な要素です。料理の8割を決めてしまうと言っても過言ではありません。
私は何よりも季節を大事にしています。その時、その瞬間に輝く食材を吟味しています。 季節の食材と向かい合い、それに適した調理法にてKAWAMURAだけのコースを提供しています。 その一皿は私の想いの集大成です。滋味あふれる味の世界を堪能していただけると確信しております。

素材4種類

鴨

予想を超える意外性に感動

無駄なものをギリギリまで省いた私の料理はとても簡素な盛り付けになります。見る方によっては素っ気なく見えてしまうかもしれません。
しかしそれは意図する所で、必要な要素しかお皿にのせたくないという想いです。 シンプルでありながらも奥深い驚きの味を発見していただけるように努めています。 素材、香り、ソースの調和を大切にした完成度の高い一皿で、意外性を持った感動をお届けしています。

料理上から俯瞰カット

最上部へ